沖縄からライフハックをお届け

zoolog[ズーログ]

ツール

【無料】Rank TrackerがGRCよりオススメな5つの理由【使い方】

2019年9月8日

RankTracker

悩めるブロガー

Rank Trackerって無料で使えるの!?

GRCと迷ってたけど無料で使えるならRank Trackerにしたい!

って思ってませんか?

結論から先に言うとRankTrackerは、条件付きで無料で使うことができます。

無料でRankTrackerを使ってみて、なぜ僕がRankTrackerの購入に至ったのか理由をまとめます。

RankTrackerがおすすめな理由

  1. GRCのスタンダードプランより安い
  2. キーワードの登録が無制限
  3. 検索ボリュームも表示できる
  4. キーワードの提案もしてくれる
  5. Macに対応している

かなりGRCと迷いましたが、これらの理由が大きな決定打です。

僕はGRCとRankTrackerを両方試してRankTrackerに決めました。

なので本記事では、両方比較しつつオススメな理由5つと使い方までを書いていきます。

\無料で1週間使い放題/

RankTrackerを見てみる

キーワード登録数が無制限

Rank TrackerがGRCよりオススメな5つの理由

数ある検索順位チェックツールの中で、なぜRankTrackerがオススメなのか?

GRCとRankTrackerで迷いに迷って、比較してRankTrackerに決めた理由は以下の5つです。

  1. GRCのスタンダードプランより安い
  2. キーワードの登録が無制限
  3. 検索ボリュームも表示できる
  4. キーワードの提案もしてくれる
  5. Macに対応している

それぞれ詳しく説明します。

1.GRCのスタンダードプランより安い

タブを切り替えてご覧下さい


無料 ベーシック スタンダード エキスパート プロ アルティメット
料金 (税込)
(月額換算)
0円 4,860円
(405円/月)
9,720円
(810円/月)
14,580円
(1,215円/月)
19,440円
(1,620円/月)
24,300円
(2,025円/月)
期間 無制限 1年間 1年間 1年間 1年間 1年間
URL数 3 5 50 500 5000 無制限
検索語数 10 500 5,000 50,000 500,000 無制限
無料 プロフェッショナル エンタープライズ
料金 (税込)
(月額換算)
0円 14,245円
(2,374円/月)
34,227円
(5,705円/月)
期間 無制限 6ヶ月 6ヶ月
URL数 無制限 無制限 無制限
検索語数 無制限 無制限 無制限

※無料プランはどのような使い心地か確かめる程度なので省いて比較します。

GRCの料金

ズーキー
ちょっ待てよ!! 圧倒的にGRCのベーシックプランが安いやん!

と思いました?

確かにベーシックプランは年5,000円以下で安いんですが、検索語数が500しかありません。

1記事あたり3〜5キーワード登録するとして、だいたい100記事〜くらいで制限がかかってしまいます。

後々スタンダードプランに変更すると、9,720円追加で支払うので合計14,580円かかる計算に!

それぞれの更新頻度に合ったプランを選ぶことが賢明ですね。

RankTrackerの料金

個人のブロガーならプロフェッショナル版が適していて、価格は14,245円と結構なお値段。

ここで騙されないでほしいのが、コレ半年間の金額なんです。

は?ふざけんな!話にならんわ!

って感じですよねw

ズーキー
ちょっ待てよ。これからがRankTrackerのアメとムチ作戦。

その後の更新料がかなりお得なんです!

RankTracker プロフェッショナル版更新料

1ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年
料金($) $14.95 $59.95 $89.95 $129.95 $159.95
料金(円)
(月額換算)
1,585円 6,355円
(1,059円/月)
9,535円
(795円/月)
13,775円
(574円/月)
16,955円
(470円/月)

※2019年09月08日の為替レート[106円/$]で計算しています。

  • GRCのスタンダードプランが9,720円
  • RankTracker1年の料金が9,535円

と大差ないように思いますが、RankTrackerはキーワード登録数が無制限なんです。

(GRCのスタンダードプランは5,000)

2.キーワードの登録が無制限

これはかなり嬉しいポイントです。

キーワードは5,000もあれば十分だと思いますよね?

でもブログを2つ3つと持っていたら、あっという間に制限がかかってしまいます。

途中で「ブログをもう1つ開設したい」とスイッチが入ることもよくあることです。

ズーキー
キーワード制限かかるからなるべく抑えなきゃ!

とか気にしてたらちゃんと分析できないし、ストレス溜まりませんか?

そもそも分析する為のツールなのに、キーワード登録をケチってたら本末転倒。

なのでキーワード登録数・URL登録数は多いに越したことはないと思います。

3.検索ボリュームも表示できる

 

RankTracker 検索ボリューム

↑画像の通り検索ボリュームを取得して10単位で表示してくれます。

GRCには検索ボリュームを表示してくれる機能はありません。

Ubersuggestなどのツールを使えば解決する話ですが、1つのアプリ上で確認できるのはかなりの時間短縮になります。

RankTracker独自のシステムで検索ボリュームを調べてくれるんです。

4.キーワードの提案もしてくれる

RankTracker 検索キーワード

キーワード選定も他のツールを使えば事足りるんですが、RankTrackerならアプリ内でキーワード選定が可能。

しかも自分の登録しているキーワードを汲み取って、おすすめなキーワードを提示してくれます。

これもまたかなりの時間短縮に繋がりますね。

5.Macに対応している

これが決め手になったと言っても過言ではありません。

GRCはMacに対応していないので、Windowsの仮想環境を立ち上げてから初めて使用することができます。

絶対GRCじゃないとイヤだ!って人は良いと思いますが、設定とか色々と面倒くさいですよね。

それよりかはちゃんとMacにも対応しているRankTrackerに惹かれました。

\無料で1週間使い放題/

RankTrackerを見てみる

最安で470円/月

RankTrackerを無料で7日間フル機能お試し

RankTracker 7 day free

RankTrackerをダウンロードするとこの説明が表示されます。

For 7 days from now,you get free access to all the Enterprise-level features in SEO PowerSuite.Rankings,on-page,backlinks,and reports - all the functionality is here for you to test-drive.

↓Google翻訳↓

今から7日間は、SEO PowerSuiteのエンタープライズレベルの機能すべてに無料でアクセスできます。 ランキング、オンページ、バックリンク、レポート - すべての機能がここにあり、お試しすることができます。

エンタープライズ版の機能

  • 検索順位チェック(無制限)
  • 競合サイトの順位チェック
  • プロジェクトの保存
  • キーワード分析(検索量、競合性、難易度、効率、PPC)
  • レポートの印刷・保存
  • 直接リンクでワンクリック共有  etc...

企業向けのツールなので、かゆいところに手が届く機能が盛りだくさん。

ただの検索順位チェックツールではないので、あまりの優秀さにビックリすると思います。

一度試してみて下さい。

>>【日本語版】RankTracker公式サイト

Rank Trackerのダウンロード方法

まずは【日本語版】RankTrackerダウンロードページにアクセスします。

step
1
名前とメールアドレスを入力しDownload for Freeボタンをクリック


※下記の画面と違う場合(日本語表記やボタンが緑)でも手順は一緒です。

RankTrackerのダウンロード

入力したアドレス宛にOS別のリンクが届くので、クリックするとダウンロードページに飛びます。

step
2
Get free trialボタンをクリック

RankTrackerのダウンロード方法

step
3
この画面に切り替わると同時にダウンロードが開始されます


※ダウンロードが行われない場合は緑の[Download]ボタンをクリック

RankTrackerのダウンロード方法2

ダウンロードが完了後、ファイルを開きます。

step
4
開くをクリック

RankTrackerのインストール方法10

step
5
Javaをインストール

"Javaをインストールして下さい"とメッセージが表示されたら、Javaをインストールする必要があります。

OKボタンをクリック。

RankTrackerのjavaのインストール方法

 

Javaのダウンロード方法

Oracleのページに飛んだ場合、こちらのJavaのサイトからダウンロードを進めて下さい。

step
1
Javaをダウンロード

RankTrackerを使用するには最新版のJavaが必要です。
※Version 8 Update 221(2019/08/29現在のVer.)

Javaインストール画面

同意して無料ダウンロードを開始をクリック

 

step
2
Javaをインストール

[Java 8 Update 221.app]をダブルクリックしてインストールします。

Java.app画面

step
3
パスワードを入力

ここでパスワードの入力を要求されます。パソコンのパスワードを入力し[OK]をクリック。

Java権限確認

以上でJavaのインストールは完了です。

Rank Trackerのインストール

続いてRank Trackerのインストールに移ります。

step
1
RankTrackerアプリを起動

先程ダウンロードした[Rank Tracker Installer.app]をダブルクリック。

RankTracker app

step
2
言語を選択

日本語を選択し、[次へ]をクリック。

RankTracker インストーラー

step
3
利用規約を確認

[承諾する]ボタンをクリック。

RankTracker インストール手順

 

step
4
インストールツールの選択

すでにRankTrackerにチェックが入っている事を確認し[次へ]をクリック。

RankTracker インストール手順2

他のツールはあとからでもダウンロードすることができるので、今回はスキップします。

step
5
インストール完了

インストールが終わり[完了]ボタンをクリックして終了です。

RankTracker インストール手順3

RankTracker インストール手順4

チェックを入れておくとRankTrackerが入っているフォルダが開かれます。

Rank Trackerの使い方

インストール後はまだRankTrackerに何も登録されていない状態です。

まずは順位チェックするサイトの登録方法を紹介します。

自分のサイトURLの登録方法

登録できるドメインも無制限なので、まずはメインサイトを登録しましょう。

step
1
URLを入力

RankTracker サイトの登録

step
2
Google Analyticsとサーチコンソールの連携

RankTrackerではGoogle Analyticsとサーチコンソールのデータを連携させることができます。

Google Analyticsとサチコの登録

それぞれクリックすると認証作業に移ります。

複数のアカウントを運営している場合は、右側の下矢印をクリックしてアカウントを選んで下さい。

Google Analyticsの登録

OKボタンをクリックして完了です。

Google Analyticsの登録2

アカウントの連携が承認されると背景が薄緑に変わります。

両方完了したら次へをクリック。

Google Analyticsとサチコの登録2

step
3
キーワードの登録

Google サーチコンソールから取得されたキーワードが、すでに入力されている状態になります。

他にも追加したいキーワードがあればどんどん入力しましょう。

RankTracker キーワード登録

step
4
検索エンジンの選択

デフォルトではアメリカUSAの検索エンジンが設定されているので、日本に変更します。

+さらに検索エンジンを追加するをクリック

RankTracker 検索エンジン選択

検索バーにjapanと入力し、日本のGoogleを追加します。

GoogleGoogle(Mobile)だけで十分なので、BingとYahoo!は任意で追加して下さい。

RankTracker 検索エンジン追加

日本を追加できたらアメリカの検索エンジンは×をクリックして外して下さい。

RankTracker 検索エンジンの削除完了ボタンをクリックしてサイトの登録終了です。

RankTrackerで自動チェックさせる方法

RankTrackerはパソコンが起動状態であれば、自動でキーワード順位をチェックしてくれます。

日々決まった時間にチェックさせるように設定していきましょう。

step
1
スケジューラーを追加

上部バーの環境設定スケジューラーをクリック。

RankTracker 自動チェック設定

+追加するをクリック

RankTracker スケジューラー

step
2
タスクの種類を選択

1番上の検索エンジンのランキングを確認にチェックを入れ次へ

RankTracker タスクの種類の選択

step
3
プロジェクトの選択

自動でチェックしたいドメインを選択して次へ

RankTracker プロジェクトの選択

step
4
タスクスケジュールの設定

チェックする頻度は毎日をおすすめします。

開始時間はいつもパソコンを起動している時間帯を設定して下さい。

失敗したタスクを直ちに実行しますプロジェクトを自動保存するにチェックを入れ次へ

RankTracker タスクスケジュールの設定

step
5
スケジュールされたタスク名の設定

設定したタスクがすぐわかる名前をつけましょう。

僕は[検索順位自動チェック23:30]にしました。

RankTracker タスク名の設定

名前を決めたら完了ボタンをクリック。

 

設定が有効(緑)になっていることを確認しOKをクリックして完了です。

RankTracker スケジューラー完了

有料(プロフェッショナル)版の購入方法

今回はプロフェッショナル版の購入方法を紹介します。

 

step
1
RankTrackerにアクセス

RankTrackerのページにアクセスしたら、左下の注文をクリック。

RankTracker ライセンス取得方法1

step
2
プロフェッショナル版を選択

真ん中のプロフェッショナル版の今すぐアップグレードをクリック。

RankTracker ライセンス取得方法2

step
3
表示通貨をJPYに変更

右上の表示通貨をJPY日本円に変更するとわかりやすいです。

RankTracker ライセンス取得方3

USD→JPY

RankTracker ライセンス取得方法4

$134.73のドル表記から14,464円の日本円表記に変わりました。

step
4
支払い方法を選択

支払い方法はクレジットカード・PayPal・銀行振込 etc...あります。

お支払い情報を入力しORDER NOWをクリック。

RankTracker 支払い方法選択画面

step
5
ライセンスキーがメールで届きます

Oops!おっとっとページが見つかりません。

と表示されると同時にメールが届きます。

RankTracker ライセンス取得方法6

RankTracker ライセンスキー

ライセンスキーをコピーしておきましょう。

step
6
RankTrackerを開きアップグレード

RankTrackerを起動し、ヘルプ情報を登録...へと進みます。

RankTrackerアップグレード

先程メールに記載されていた名前と、コピーしたライセンスキーのRT-以下をペーストして貼り付けます。

RankTracker ライセンスキー入力

RankTracker ライセンスアップグレード完了

これでRankTrackerのアップグレードが完了しました。

キーワード登録は無制限なので、どんどん登録して日々順位チェックしまくりましょう。

RankTracker:まとめ

長くなってしまったので、RankTrackerがGRCよりおすすめな理由をまとめます。

  1. GRCのスタンダードプランより安い
  2. キーワードの登録が無制限
  3. 検索ボリュームも表示できる
  4. キーワードの提案もしてくれる
  5. Macに対応している

ぶっちゃけ順位チェックだけならGRCでも十分なんです。

でもRankTrackerは、ブログの強化に必要な施策をビシビシと打ち出してくれます。

企業向けのツールなので操作は多少難しく感じますが、使いこなせば競合を追い抜けるチートツールだと思います。

GRCとさほど値段は変わらないので、MacユーザーにはRankTrackerがおすすめですよ。

\無料で1週間使い放題/

RankTrackerを見てみる

ブログサポート機能が充実

-ツール
-,

Copyright© zoolog[ズーログ] , 2019 All Rights Reserved.